様々な食材を手にすることが“いま”より困難な時代
客人をもてなすために馬を馳せ、狩りや収穫を行い
それこそ文字通り走り回っていた時代があった
“ご馳走様です”という言葉にある“馳走”とは
本来、走り回り、奔走することを意味する


いつの時代も
ありったけの丹精を込めて食材を育てる人がいる
ありったけの情熱を持って食材を走り求める人がいる
ありったけの愛情を注ぎ料理する人がいる
幸福な食卓とは決して豪華絢爛な食事が並ぶことではない
思わず笑みがこぼれる食を、愛する人と囲み、
他愛ない会話が続いていく
幸せの食卓とはこうして生まれるものだ
馳走屋は、あなたへ「美味しい」幸せを届けるために
“いま”も日本を走り回ってます